表紙へ   万博公園 四季の彩り   ちかばの公園めぐり   ちかば散策(野鳥)   感想を一言   野鳥一覧

正月は自然文化園、日本庭園入り口では門松が入場者を迎えてくれます。
めだった花としてはスイセン、ツバキ、サザンカなどで、園内いたるところで咲いていました。
梅などはつぼみを蓄え、じっと春の訪れるのを待っている感じです。
花の少ない分、野鳥を沢山見かけることができました。

また万国博ホール、国立国際美術館の解体もすすみ、
すでに防護壁の外からは以前あった建物が見えないくらいの高さまで解体されていました。
今度行くときは跡形もなく取り去られているんでしょうね。 (2005/01/07)

万博公園・1月の彩り (2007) 万博公園・2月の彩り (2006)
万博公園・1月の彩り (2008) 万博公園・2月の彩り (2007)

下の画像をクリックしてください。大きな画像が別窓で出ます。(500 × 375 ピクセル)
閉じる場合はその別窓の画像の上をクリックしてください。
(別窓は一画面だけですので、その都度クリックして消す必要はないと思います。)

サザンカ 門松 南天の実 葉ボタン
梅(この一輪のみ) スイセン 日本庭園・ 心字池 日本庭園・ つつじヶ丘
メジロ(梅林) カワセミ(自然観察学習館) ルリビタキ(自然観察学習館) シロハラ?
ハクセキレイ(西大路) セグロセキレイ コブハクチョウ(水鳥の池) スイセン
ツグミ ハクモクレンの冬芽 カワラヒワ(西大路) ジョウビタキ(西大路)
モズ(桜の流れ) はす池 はす池 ツバキ?
芝生 26 フヨウの種の抜け殻 アセビ
サザンカ ヤツデ イヌビワ(一名、コイチジク) マンリョウ
ボケ ***** クロガネモチ 菜の花(花の丘)
 
ソラード展望台より すでに万博ホール解体 万博ホールがあったときの
画像(2004年度・春)